二の腕のブツブツの治し方と原因まとめ

二の腕のブツブツの治し方と原因まとめ
MENU

二の腕のブツブツの原因と治し方まとめ

二の腕のブツブツ原因

二の腕のブツブツ 原因

 

春から夏にかけて肌を見せる機会が増えてくると、気になってくるが二の腕のブツブツです。

 

このブツブツはさめ肌とも言われますが、医学的には「毛孔性苔癬」や「毛孔性角化症」という皮膚疾患です。

 

痛みをともなうものではないので、そのままにしておく人も多いのですが、何もしないと色素沈着やクレーター状の跡が残る可能性もあるので、気になる人はしっかりとケアをしておいた方がいいのです。

 

 

このような状態になる原因は、遺伝的やアレルギーなどが理由の一つとして考えられますが、最も主とされる原因はターンオーバーの乱れであると考えられます。

 

ターンオーバーとは新陳代謝のことですが、もともとこのターンオーバーがスムーズであると皮脂と汗の排出がスムーズとなり皮脂膜という弱酸性(お肌トラブルが少ない状態)に保つことができます。

 

また、細胞が日々生まれ変わりをすることで表面に元気よく上に押し上がっていき古い角質がスムーズに剥がれ落ちてくれることによって、表面に古い角質のない状態となります。

 

結果、お肌は滑らかな状態となるのです。

 

しかし、ターンオーバーが乱れると皮脂や汗の穴も汚れが詰まってしまい、肌細胞もスムーズに押し上がらないことから古い角質が表面に残ってしまうことからお肌にブツブツが出てしまうそうです。

 

つまりこの二の腕のブツブツの原因は「たまった古い角質の塊や詰まり」と言えるでしょう。

 

 

二の腕のブツブツの治し方 <その1>

では、この二の腕のブツブツを改善するためには、どうすればいいか、それはターンオーバーをスムーズにすることだと言われています。

 

スムーズにするために必要なことは「血行促進」です。

 

ここでは、「血行促進」をするための4つのポイントをご紹介したいと思います。

 

運動をする

運動

 

まず、運動をすることで代謝が上がります。

 

また、筋肉にはエネルギーを出す作用があり、このエネルギーを発生する時に熱が出ることから筋肉を作ることは代謝アップに欠かせないのです。

 

 

お肌を温める

お風呂

 

お肌を温めることが大切です。

 

お風呂にしっかりと入浴することでも汗が出やすく温度も温まりやすいことから代謝アップにつながります。

 

しかし、二の腕のような心臓より上にある部分は重力に逆らっているので、いくら体の代謝が上がっても血流での栄養が届きにくい部分となります。

 

 

マッサージをする

マッサージ

 

温めた後に血流をよくするために、二の腕マッサージがとても効果的です。

 

例えば冬寒い時に手をこすり合わせると手の温度が温まるように、二の腕をマッサージするとそれだけでも血流が良くなります。

 

このように代謝を上げて血行促進ケアを心がけることで二の腕のブツブツも少しずつ改善されることでしょう。

 

 

健康なバランス良い食事と睡眠

野菜

 

バランスの悪い食事や寝不足は、ホルモンバランスを乱し、ターンオーバーをしっかりと行えない原因となります。

 

なのでカラダを冷やし、体内の流れを悪くしてしまう様な上白糖を大量に使ったスイーツや、油っこい食べ物などは避け、野菜やキノコ類などをしっかり取って睡眠時間も十分にとる事が大切です。

 

 

二の腕のブツブツの治し方 <その2>

クリームを塗る

クリーム

 

二の腕のブツブツのケアは、クリームを塗ってしっかりと保湿をするのが一般的です。

 

クリームを選ぶポイントは、尿素のような角質の剥がれを促進するようなものではなく、セラミドやヒアルロン酸といった安全で保湿力の高いもので、無添加・低刺激のものを選ぶことをおすすめします。

<二の腕のブツブツにおすすめクリーム>

矢印


ピュアルテ


ピュアルテ 公式



ピュアルテ 雑誌

このページの先頭へ